ゴールデンウィークにプロポーズの準備を!

ゴールデンウィークにプロポーズの準備を!

2018.04.27

プロポーズを成功させるには事前の準備が大切です。

婚約指輪をはじめ、プレゼントや服装まで、どんなふうにしたらいいのかを今回は、ご紹介いたします。

プロポーズに悩んでいる男性はぜひ、このゴールデンウイーク中に意思を固めてみてはいかがでしょうか。

 

いつプロポーズする?

プロポーズをしようと思ったら、まず考えたいのが日取りですよね。

お勧めは彼女または自分の誕生日をはじめ、交際を始めた日やふたりの記念日など。あるいは、クリスマスやホワイトデー、七夕などの年中行事の日 も設定しやすくなっています。もちろん何の変哲もない普通の日でもOK。それがまた新しいふたりの記念日になりますね。

なお、思い立ったらすぐにでもプロポーズを!と考えている人もいるかもしれないが、 思い出に残るようなプロポーズを計画するのなら、ある程度の準備期間はあった方がいいです。

プロポーズ当日に婚約指輪を贈る場合なら、2~3カ月くらいの準備期間は必要となります。

 

どこでプロポーズする?

プロポーズの場所は ふたりの思い出の場所や眺めのいいレストラン、ホテルのスイートルーム、海や湖などの水辺、開放的なガーデン、テーマパーク、旅先 などが考えられますね。

できれば、特別感のある場所がおすすめです。自宅または彼女の家で行う場合は、飾り付けをしたり、プレゼントを用意したりするなどして、いつもとは異なる雰囲気にしてみるのが◎

場所によっては予約が必要になる事もありますので、レストランなどはなるべく早めに連絡をして、プロポーズにふさわしい席や個室などを確保しておく事をおすすめします。

また、日時や場所はどんなプロポーズを行うか、その演出内容によっても左右されるので、プロポーズの演出も一緒に考えながら決めるといいですね。

 

どんな演出をする?

日時と場所を考えると同時に、どんなプロポーズにするか、その演出についても考えておきましょう。

シンプルに「結婚してください」と伝えるだけにするのか、婚約指輪を用意するのか、膝を突いて花束を差し出すのか、フラッシュモブのような大がかりな演出を取り入れるのか、具体的な内容をイメージしましょう 。

ホテルなどではプロポーズをサポートするプランもあるので、それを利用するのも一つの方法です。また、花火大会などイベントに合わせて企画するのも面白いですとね。

内容が決まったら、それに合わせて必要なものを準備・手配しましょう 。友人などの協力が必要なら、早めにお願いをしておくといいですね。

 

婚約指輪の用意

プロポーズの際に考えなくてはならないのは、 婚約指輪を用意するかしないかです。

映画やドラマなどでは、プロポーズの際に膝を突いて婚約指輪を差し出すのがお約束ですが、絶対に準備しなくてはならないというものではありません。

彼女がロマンチックなことが好きなタイプであれば、婚約指輪を差し出してプロポーズすれば喜んでくれるでしょう。

一方、ファッションなどにこだわっている彼女であれば、婚約指輪は自分で選びたいと考えている人もいるかもしれません。 彼女がどちらのタイプなのかを見極めて、婚約指輪を用意するかどうか決めるといいですね。

 

婚約指輪を用意するなら

プロポーズで婚約指輪を渡そうと考えるのなら、なるべく早めに指輪選びをしておきましょう。というのも、婚約指輪は選んですぐに手に入るものではありません。婚約指輪はセミオーダーで作られることが多く、リング裏に刻印も入れれるため、 注文してから手元に届くまでは1カ月くらいはかかってしまいます。

検討する期間も含めると、 遅くともプロポーズ予定日の2カ月前には婚約指輪選びを始めておきましょう。プロポーズの日時も、婚約指輪が手に入る日を確認してから決めるといいです。

婚約指輪を彼女に内緒で用意するには、まずは 彼女の指のサイズを知る必要があります。彼女が寝ている間にこっそり測ったり、彼女の友人などに協力をお願いして聞き出してもらったり、何らかの方法で調べておきましょう。

また、 彼女がどんな婚約指輪を欲しがっているのか、好みを調べることも大切になります。全くわからないようなら、彼女の写真を見せながら、服装の好みやライフスタイル、愛読している雑誌などをジュエリーショップのスタッフに伝えて、アドバイスをもらうといいでしょう。

 

プレゼントは用意する?

婚約指輪を贈らない場合は、 プロポーズの記念に何か別のプレゼントを用意するのはいかがでしょう。例えば、ネックレスやピアスなどのアクセサリーや時計など、身に着けるものが喜ばれそうですね。

婚約指輪があってもなくても用意すると喜ばれそうなのが花束。定番のバラのほか、彼女の好きな花や季節の花を贈るのもいいですね。あまり目立つのはちょっと……というのであれば、ボックスにアレンジしてもらうのも素敵です。

自宅や彼女の家などでプロポーズするのなら、ケーキやシャンパンなどを用意するのも◎

ケーキやシャンパンなどがあることで、いつもの空間が特別な空間に変わり、ロマンチックな雰囲気を醸し出せるはずです。

 

プロポーズの言葉

婚約指輪やプレゼントも大切ですが、最も大切なのはどんな言葉で自分の気持ちを伝えるかです。

シンプルかつストレートに「結婚してください!」と言うのか、何か気の利いたロマンチックなセリフにするのか。

照れくさいと思っても、ここはしっかりと自分の気持ちを伝えるのがお勧めです。あまりぼかした言葉だと彼女にしっかり伝わらず、「いまのプロポーズだったの?」と言われる可能性もあるので注意するようにしましょう。

 

当日の服装はどうする?

プロポーズ当日、どんな服装で臨むのかも気を付けたいところです。もちろんプロポーズする場所によって異なりますが、 あまりだらしない格好は避けるようにしましょう。

彼女から評判の良かった洋服を着るなど、彼女受けの良い格好をするといいですね。

特に注意したいのは、自宅でのプロポーズの場合です。自宅だからといって、よれよれのTシャツにスエットパンツといったあまりに気の抜けたファッションは禁物。服装は相手への敬意を表すものでもありますので、スーツでとまでは言いませんが、カジュアルな中にも真剣な気持ちが感じられる清潔感のある服装を選ぶようにしましょう。

シミュレーションを!

いつ、どこで、どんなふうにプロポーズをするのかが決まったら、 当日の流れを整理して、シミュレーションをしておくのがお勧めです。

婚約指輪やプレゼントを渡すタイミング、プロポーズの言葉を言うタイミングなど、特に誰かの協力やサポートを受けてプロポーズを行う場合は、念入りに打ち合わせをしておきましょう。

 

ふたりの大切な記念となるプロポーズ。

格好良く決められればそれに越したことはありませんが、たとえ失敗したとしてもふたりの思い出になります。結婚に対する真剣な気持ちが彼女に伝われば、きっと喜んでもらえるはずです。