ずっと変わらず、仲良しでいるための秘訣!

ずっと変わらず、仲良しでいるための秘訣!

2018.05.11

結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣をご紹介いたします。

大切なことはたくさんあれど、この4つのポイントさえ押さえておけば、もっと親密な関係になれるかも。

 

今よりもっと、“いいふたり”になるために

恋愛関係の始まりはいつもワクワクするものです。男女が互いに惹きつけられ、もっと相手のことを知ろうとします。そして恋愛関係へと発展していきます。恋愛のはじまりは、すべてが新鮮で興奮しますよね。

ところが、関係が成熟するにつれて、だんだんと難しい問題も表面化してきます。新しい発見は少なくなり、やがて「関係を維持すること」に意識は変化していきます。もちろん、ワクワクするようなことが、まったく無い訳ではありません。ですが、圧倒的に減ってしまうのは必然です。徐々にひとりよがりになり、相手の存在を“当たり前”と見なすようになっていってしまいます。

恋愛関係を長続きさせるには努力が必要になります。

 

マイホーム?ふたりで同じ目標設定!

毎日、朝から晩まで働き尽くめで、家に帰れば掃除、洗濯、食事の準備。日々の生活の忙しさに終われ、二人で一緒にいる理由を見失ってはいませんか?

「成功するカップルには二人で共有できる計画がある」と言います。

例えば「南の島でバカンスがしたい」、「いつか家を持ちたい」といった具合に。このような共通の目標を、結婚当初からお互いに分かち合うことです。二人が一緒にいるための土台をつくり、幸せな関係を維持するためにとても大切な事といえます。

 

体と体のコミュニケーションは大切な愛情表現

どんな形であれ、肉体的に触れ合いの機会を多くすることは、長続きする恋愛関係において、大きな意味を持ちます。

体のつながりは、すなわち感情のつながりそのもの。愛することによって生じる肉体的な行動は、二人だけが分かち合うことのできる楽しみです。たとえ、ひととき離れ離れになろうとも、触れ合うだけで、いつでも愛を再熱させることができるでしょ?つまり、肉体的なつながりは、恋愛における重要な要素といえます。

仕事や金銭面、子供の養育、肉体的変化など、性行為から遠ざけようとする要因は、しばしば生じてくるものですが、それでも、パートナーとの親密な関係を維持することは、相手への情熱を保つための最善の方法です。相手に対して肉体的な魅力を感じ続けることができれば、これらの障害なんて、ほんの些細なことにしか思えないはずです。

 

相手の嫌な一面とも逃げずに向き合う濃密な意思疎通

恋愛関係において、コミュニケーションがいかに重要かということはすでにご存知の通り明白なことです。ですが、コミュニケーションは、すべての人間関係において共通のものです。恋愛だってはじまりから、常に必要となるものです。

例えば、家や車を買うにしても、子供が欲しいかどうか話し合うにしても、感情を分かち合うにも、ゴミ出しを忘れずにするかどうかまで。小さなことから大きなことまで、人間関係は、すべてコミュニケーションの上に成り立っているのです。

さらに、意思疎通はお互いを理解するうえでも必要不可欠。もしかして、パートナーのことをすべて知った気になっていませんか?

もしかしたら、恋人は何かに脅迫されていたり、ちょっと風邪気味で無理をしていたり、自分の良さが認められていないと感じてたり。あなたが知りようのない、様々な感情があるかもしれません。

コミュニケーションとは、お互いの関係の均衡を維持し発展させる唯一の方法なのです。

内容の良し悪しに関わらず、互いが包み隠さず何でも伝え合えること。そして、それを心地よく受け入れること。無愛想な態度や率直な返答で、相手を傷つけたい人などいないはず。だけど、それもコミュニケーション。話す気分でないときは、それを正直に伝えるようにしましょう。

 

お互いの良さを見つけ毎日、ほめ合う

感謝の気持ちをきちんと相手に伝えることは非常に大切です。

結婚当初は素直に伝えられた感謝の気持ちも、10年、20年と年を追うごとに、徐々に少なくなっていくものです。けれど、どんな時でも相手の良さを伝える気持ちを忘れてはいけません。日々の生活でストレスを抱え、忙しい毎日を過ごしているからこそ、パートナーに感謝の気持ちを伝える必要があるのです。

奥さんには「どんなに優しくて美しいか」、旦那さんに対しては「家族のために一生懸命に働いていること」について、日々の感謝をお互いに伝え合うようにしましょう。